2017年1月13日金曜日

オーナーシェフのご冥福を祈ります

●水戸に、20数年来ご贔屓にしているお気に入りのフレンチレストランがあります。
何よりもソースの味が絶品! 野菜など使う食材も豊富! 盛り付けも綺麗! 奥さんの接客もマル!・・と、友人知人はもとより、私共のお客様にも、「絶対、お勧めです!」と紹介をしていたお店でした。
先日、伺ったら、ソースにある独自のパンチが薄くなっていて、少し優しい味わいになっていました。
奥さんとの会話の中で、やんわりとそのことを伝えると、厨房のシェフが67歳で急逝し、息子さんがお一人で切り盛りされていることを知りました。
奥さんが、「お得意様でも、味わいの違いを指摘する方は殆んどいません」という通り、気にしないと分からない微妙な味の変化でしたが、好きで通った20数年、舌が覚えた味は、最初の一皿でその変化を感じました。
几帳面なマスターは、オープン当時から季節毎のレシピを残していて、父の味覚のDNAを持った息子さんは、それらを受け継ぎならら、若干優しい味わいの美味しい料理を提供していました。
ひとくち、口にすると、ワインが欲しくなるあのソースの味わいは少し弱くなりましたが、水戸以北のエリアでの秀逸のレストランだとの思いは変わりません。
機会をみて、近いうちに伺いたいと思っています。

次に行くときは、これまで美味しいものを食べさせてくれたシェフに、感謝のお線香を持参しようと思っています。

2017年1月2日月曜日

新年おめでとうございます

●明けましておめでとうございます。
2017年、新しい年がスタートしました。
私どもは昨年、多くのお客様にご愛顧をいただいた一年でした。
いろいろなお客様とお知り合いになり、リピーターとして次のご予約をいただいたお客様もたくさんできた年でした。
今年も、お客様の楽しい思い出に残る宿として、ひっそりと一日2組だけのお客様をお迎えしてまいります。
また、今年は、私どもの日頃の衛生管理が認められ、食品衛生優良施設として「茨城県食品衛生協会長表彰」を受賞することになりました。
小さな一つひとつの積み重ねですが、お客様に支えられ、1月26日に水戸市で開催される「茨城県食品衛生大会」の席上で表彰が決定いたしました。
これまで、所轄保健所の茨城県常陸大宮保健所長を平成19年に受賞しておりましたが、10年の期間を経て、県域表彰を受賞することになりました。
食品に関係するお仕事をされている方は、賞の大きさ・重みがご理解いただけると思いますが、これを励みとし、今後も衛生管理に努め、よりよい施設として研鑽・精進を重ねていきたいと思っております。
まだまだ、不行き届きの点が多い小さな宿ですが、「信用は重ねていくもの」を肝に銘じ、お客様をお迎えしたいと思っております。

皆さまのお出かけをお待ち申し上げております。



2016年11月4日金曜日

リクルートの雑誌、「じゃらん」に紹介されています。

●本屋さんやコンビニには、たくさんの旅行雑誌が並んでいますが、そのなかでもメジャーな雑誌として、「じゃらん」は、皆さんが目にされたり、手に取られたりしていると思います。
この12月号(11月1日発売)の139ページに私どもが紹介されています。
友人から、「たまたま、見た」と電話がありました。
「半ページだから、広告料も高いんだろうネ」とも言われましたが、広告ではなくて取材記事なので、掲載料はお支払いしておりません。

関東・東北の小さな温泉を訪ねるシリーズで、今回が60回目だそうです。
基本的には、このホームページ(HP)でお知らせしていることが紹介されていますが、大きく違う点が一つあります。
それは、HPは、私どもの主観でお知らせしていますが、記事は、ライターの西村知恵さんが、取材して印象深かったお風呂や料理の事を「第三者の目」で記事にされています。
西村さんの目が、お客様の目だと思いますので、機会がございましたらご覧ください。

こちらは、ここのところ、急に冷え込みがきつくなりました。
奥久慈の山並みにも紅葉前線が南下していますが、今年の紅葉は綺麗な予感がします。
静かな所で、暖かなお風呂と優しい味わいの料理を口にしたくなったら、どうぞお出かけください。
お待ち致しております。

2016年10月26日水曜日

ご紹介していただきました税理士先生、有り難うございます。

先日、お泊りいただいた廣瀬様、海外旅行先で、お知り合いになった方と、「どこか良い宿はないかという話題になり、(私どもを)『良いところですよ」と紹介されて、予約をしました。」とのことでした。
ご紹介して下さったのは、常陸大宮市の税理士の先生で、名前を度忘れしてしまったとのことですが、「お話の通りで、また伺います。」とおっしゃっていただきました。
ご紹介いたいただきました常陸大宮市のお客様、有り難うございました。

廣瀬様、私どもの駐車場に入る市道の工事中で、お身足の悪いなか、ご迷惑をおかけいたしました。
右足のケガの、一日も早い回復をお祈りいたしております。
寒さに向かう時期ですので、どうぞご自愛ください。
またのお出かけを、お待ち申しあげております。


 

2016年10月13日木曜日

保健所の検査を受けました

今日は、保健所の衛生管理検査を受けました。
水質検査や腸内病原細菌検査記録簿などのチェックや、保健所が行う食品衛生講習会への参加状況を始め、厨房やトイレなどへの立ち入り検査でした。
結果は-、指摘事項はありませんでした。
検査官の工藤さんには、「廊下もピカピカですし、全てを綺麗にしていますね。」とお褒めの言葉をいただきました。
「こういうお宿は貴重ですね・・・。」とも。
私どもは、小さな宿ゆえに、衛生管理に目が届きやすいというのもあると思いますが、お客様に満足していただくのには、日ごろの一つひとつの積み重ねだと思っております。
過去には、管内の優良衛生施設として、常陸大宮保健所長表彰を受けており、受賞に恥じない施設であり続けたいと思っております。
今夜のお泊りのお客さまからも、「館内が綺麗で気持ちがよい」と声をかけていただきました。
美味しくお酒を飲まれていたので、何割引きかでお聞きしなければならないかもしれません(笑)が、有難い言葉でした。
今日は、保健所の専門家にも、お客様にも清潔感をお褒めいただいた日でした。

こちらは、朝晩は冷え込むようになり、日によっての寒暖差もある季節になりました。
これからは、お風呂が一段と気持ちの良い季節です。
12月まで、平日には空きもございますので、どうぞお出かけください。お待ち申し上げております。



2016年9月24日土曜日

「じゃらん」←11月1日発売号で紹介されます。

●旅行雑誌の『じゃらん』。 この11月1日発売号に、私どもが紹介されることになりました。
私どもは、PR的な色彩が強い雑誌などへの掲載はお断りしていますが、全国の小さな温泉・鉱泉を紹介する温泉文化の側面が強いコーナーで、「読んだお客様から、たくさん予約が入るようなことはない」ということで、お引き受けいたしました。
先日、取材に来た西村さんは、この道20年以上の温泉フリーライターで、国内外合わせ年間120~150の温泉宿を訪問しているそうです。
年120~150件×20年以上というと、その数や膨大で、「家を空けていることが多いので、主人が可愛そう~!」というキュートな方でした。
多くの温泉・施設を取材している専門家から、私どもはどのように捉えられるのかと思います。
11月1日が待ち遠しくもあり、少し恐い気もしています。
西村さんと、あれこお話しをしていて、私どもの宿泊料金について、「ここが箱根だったら、二倍でしょうね。」といわれました。
立地は別として、それだけのコスパがある宿だとのサジェッションだったと思います。
多くのリピーターのお客様をお迎えできているのも、お客様には同じような思いがあるからかと思いました。
私どもは、稼働率を下げても料金を高くすることよりも、割安感を感じていただいて客室稼働率を維持していく選択をしています。
(・・といっても、一日2組しかお迎えしないのですが・・笑。)
ここにきて、11月・12月のご予約・問い合せをたくさんいただいております。
皆さんの第一希望は土曜日ですが、年内の土曜日は既に空きが無い状況で、お断りせざるを得ない状況です。

週に、土曜日が2回あったらなぁと思っています。